TOP > 英霊顕彰・慰霊 > 陸軍砲兵曹長の碑

陸軍砲兵曹長の碑

安芸高田市甲田町上小原

碑 文 銘報  国
建 立 日 明治40年7月21日 建立
英   霊 陸軍砲兵曹長 渡辺(?)只一氏
解   説 氏は明治37年徒歩砲兵第四連隊に入り、同年8月曹長になるも、翌38年3月10日に奉天方面で散華された。碑の前面に氏の勲功を称える漢文が書いてある。
碑は、県道広島三次線とJR芸備線の間の細い土地に建っていて、高さは2mを越す大きなものだが、正面に掘られた碑文は、その古さから読みづらくなっている部分がある。
行 き 方 県道広島三次線を広島市から北上し、吉田別れ交差点を過ぎて約3.5㌔行った右手にある。
JR芸備線吉田口を下車し、駅前の県道を広島方面に1.5㌔歩く。
地図リンク