TOP > 英霊顕彰・慰霊 > 庄原市 忠魂碑

庄原市 忠魂碑

庄原市川手町

  • 沖の町バス停横 忠魂碑

  • JA北支所向い 忠魂碑

碑 文 銘忠 魂 碑
建 立 日 沖の町バス停横 忠魂碑:明治45年3月  JA北支所向い 忠魂碑:大正15年10月
英   霊 沖の町バス停横 忠魂碑:2柱  JA北支所向い 忠魂碑:十数柱
解   説 庄原市街より北に伸びる国道432号線沿いに2つの忠魂碑が立っている。双方の距離は1㌔あまりと至近の為、併せて紹介したい。
ひとつは市中心部から1.5㌔北上した西城川のほとりに立つ。近くにバス停があるので仮に「沖の町バス停横 忠魂碑」としておこう。祀られている英霊は2柱で日清戦争及び日露戦争で散華されたようである。
ここから更に1㌔北上、JA北支所向い側の公民館横に、もうひとつの忠魂碑が建っている。碑文は陸軍大将一戸兵衛 書とある。こちらは南の忠魂碑より大きく「明治戦役従軍記念碑」などが傍らに建つ。よく手入れされており、建立もこちらの方が新しいが、南側の忠魂碑と比べ文字の劣化が進んでおり、日清・日露戦争に参加された英霊数十名が祀られている事がかろうじて判った。
両碑ともに地元在郷軍人会及び青年会の建立による物であり、祀られている英霊は地元出身の方のようである。
行 き 方 庄原市中心部から国道432号線を北上、口和方面と高野方面とが分かれる門田別れ交差点の前後1㌔の間、道路沿いにある。JA北支所の道は最近バイパス工事が完成し、旧道となった。
バスの場合は備北交通 高野方面行きで沖の町バス停及び市場局前バス停より直ぐである。
地図リンク