TOP > 英霊顕彰・慰霊 > 吉和八幡 忠魂碑

吉和八幡 忠魂碑

尾道市吉和西元町

碑 文 銘忠魂碑
建 立 日 明治44年11月 在郷軍人会吉和支部建立
英   霊 日清戦争・北進事変・日露戦争従軍 陸軍軍人 14柱
解   説 碑の文字は、陸軍大将寺内正毅書とあり、第18代内閣総理大臣寺内正毅氏と思われる。碑の裏には散華された英霊の階級と御名前、そして建立に尽力された在郷軍人会の方々の御名前が並んでいる。
碑は、尾道市西端の吉和地区の山腹にある八幡神社の境内にある。境内からは尾道水道も見渡せる。
行 き 方 国道2号線尾道バイパス吉和ICより南100mを右折、川沿いを300mほど進みに右折し150mほど行き、左手の鳥居のある道を左折すると突き当たりに神社がある。周囲は道も狭く,家屋も入り組んでいるので大型車での来訪はお勧めできない。
尾道市営バス登山口行きに乗り正徳橋で下車、山側に100mほど歩く。
地図リンク