TOP > 英霊顕彰・慰霊 > 仏通寺・日支事変供養塔

仏通寺・日支事変供養塔及び杉本中佐の碑

三原市高坂町許山

碑 文 銘日支事変供養塔
建 立 日 日支事変供養塔:不明  杉本中佐の碑:昭和14年9月
解   説 供養塔・杉本中佐の碑はともに紅葉で有名な禅寺・仏通寺の参道脇の広場に建っている。
杉本中佐は「大義」の著者として有名で、広島の第5連隊に所属し、毎週土曜日には、仏通寺に参禅されていた。昭和12年9月14日満州事変にて戦死。敵の弾を満身に受け死して尚倒れなかったという。碑文には「汝吾を見んと欲せば尊皇に生きよ。尊皇精神あるところ常に吾在り。」とある。供養塔は、この杉本中佐と関連があるのかもしれない。
観光で仏通寺を訪れた際は是非拝礼願いたい。
行 き 方 三原市本郷町内で国道2号線から県道50号線に入り北上、8㌔ほどで仏通寺に着く。駐車場から寺へ続く参道の左側にある。バスの場合、三原駅より三原市営バスで約1時間。
地図リンク