TOP > 英霊顕彰・慰霊 > 八本松兵士見送場址碑

八本松兵士見送場址碑

東広島市八本松町 原

碑 文 銘兵士御見送場址
建 立 日 平成10年11月 原区民一同 建立
英   霊 陸軍看護兵 小山忠男氏
解   説 平成建立の碑は珍しいが、題字と建立日・建立者しか書かれていない。おそらく大東亜戦争時に、ここで出征兵士と御家族がお別れされたのではと想像する。ここから兵士は、程近い山陽本線八本松駅より列車に乗り、宇品港から戦地に旅立たれたのであろう。そして多くに方々がそのまま帰らぬ人となったと思われる。当時は涙と喧騒の舞台であったこの場所が今は公園として使われ、特に春は花見の場所として賑わうのも感慨深いものがある。ちょうど訪問時にも、友をからかう為この碑の裏に隠れている少女達がいた。
行 き 方 旧国道2号線(現486号線)の八本松駅前交差点より県道67号線を約1.5㌔南下、左手に見えるため池の土手の上の七つ池公園西側。駐車スペースは広い。
JRバス西条線(八本松→広島大学)記念橋バス停下車3分。
地図リンク