TOP > 英霊顕彰・慰霊 > 造賀小学校 慰霊碑

造賀小学校 慰霊碑

東広島市高屋町造賀

碑 文 銘慰霊碑
建 立 日 昭和41年2月 高屋町造賀財産区建立
英   霊 大東亜戦争:69柱(陸軍)15柱(海軍)19柱(軍属)8柱(原爆)
解   説 旧東広島市の東部、造賀地区にある造賀小学校の敷地の南西の隅,体育館の前に碑はある。碑文には「大東亜戦争戦没者軍人軍属及原爆死者氏名」とあり、陸海軍及び軍属、原爆死者に分けて御名前を掲げている。碑の背面一杯に彫られた御名前は、イロハ順で掲げられているため同姓の方が並んでおり、この中の多くは御兄弟や御親族同士であったと推測され、遺された御遺族の気持ちを察すると感慨深い。
日教組の影響下にあったであろう学校内の碑文にもかかわらず「大東亜戦争」という表記が残されているのも興味深い。
行 き 方 国道375号線を西条インターより約6㌔北上し、八本松方面に分かれる旧道の道沿いにある。道路からは校門等も無く自由に出入りできるようだが、平日は保安の関係もあるので学校側に来訪の意を伝えた方が良いと思われる。ちなみに道沿いからも碑は伺う事はできる。
バスでは芸陽バスの福富豊栄方面行きで「造賀小学校」で下車,約5分。広島バスセンターからの高速バスもある。
地図リンク