TOP > 英霊顕彰・慰霊 > 河内町 戦役紀念碑 及び 慰霊碑

河内町 戦役紀念碑 及び 慰霊碑

東広島市河内町河戸

  • 戦役紀念碑

  • 慰霊碑

碑 文 銘戦役紀念碑  慰 霊 碑
建 立 日 戦役紀念碑:明治42年5月
慰 霊 碑:昭和53年11月
英   霊 戦役紀念碑:日清戦争:8柱  北清事変:15柱  日露戦争:42柱
慰 霊 碑:日清戦争:1柱  日露戦争:4柱  第一次大戦1柱
満州事変:1柱  支那事変:4柱  大東亜戦争:59柱
解   説 河内町と福富町を結ぶ県道33号線には上河内の「表忠碑」も含め、約5㌔の間に慰霊・顕彰の碑が3基も並んでいる。
刻まれている英霊の名を見るとき、このような牧歌的な地方からも近代日本確立の為、様々な戦いに多くの方が参戦され、また散華された事がわかり、改めて慰霊の念と受け継がれた責任の重さを痛感する。
「戦役紀念碑」は河戸区(集落)により明治42年に建立された。古いものであるが比較的状態も良く、手入れがなされている事が推測される。
「戦役紀念碑」より500mほど河内町寄りに「慰霊碑」があり、こちらは昭和53年に河戸区民により建立された。裏側の墓碑銘には近年の建立にもかかわらず「太平洋戦争」ではなく「大東亜戦争」と銘記されており、建立者の思いが伺える。碑は大きいが、手入れは行き届いている。碑に手向けられた真新しい千羽鶴が印象的であった。
行 き 方 山陽道河内インターから国道432号を約8㌔河内方面に走り、福富方面へ向かう県道33号線との三叉路を左折、5㌔ほど行った右側に「慰霊碑」がある。「戦役紀念碑」は更に500mほど福富寄りの右側にある。河内駅より芸陽バス上戸野・豊栄方面行でバス停下車。
地図リンク