TOP > 英霊顕彰・慰霊 > 海上挺身戦隊戦没者慰霊碑

海上挺身戦隊戦没者慰霊碑

江田島市江田島町幸ノ浦

碑 文 銘海上挺身戦隊戦没者慰霊碑
建 立 日 昭和42年 12月 3日
英   霊 1646柱(顕彰の記による)
解   説 陸軍海上挺身戦隊は、250キロ爆雷を装備したベニヤ製モーターボートにより一艇で一船を撃沈する事を任務とし、ここ幸ノ浦の船舶練習部隊第十教育隊にて訓練を行なった。そして昭和19年9月以降続々、沖縄、比島、台湾へと出撃して行ったが、隊員のほとんどが船舶特別幹部候補生一期生の年少兵の方達であった。また昭和20年8月6日の原爆投下後には、広島市民の救出にあたり、その後、放射線の後遺症により亡くなった方も多いという。
碑は平成3年の台風19号で一度倒壊したが、関係有志の手で翌年再建されている。
行 き 方 芸備商船の大須港より切串方面に1200m。自動車の場合、切串港より県道石風呂切串線を大須方面に約4キロ行く。
地図リンク