TOP > 英霊顕彰・慰霊 > 軍艦「利根」戦没者慰霊碑

軍艦「利根」戦没者慰霊碑

江田島市能美町中町(国民宿舎能美ロッジ脇)

  • 撃沈海域を望む

碑 文 銘軍艦利根戦没者慰霊碑
建 立 日昭和40年7月25日
英   霊 乗員128柱 及び 島民17柱
解   説 「利根」は主砲を艦首に集中配置することによって艦尾を空け、水上偵察機搭載能力を増した独特のシルエットを持つ1万t級の重巡洋艦で日本海軍が建造した最後の重巡洋艦である。
本艦は比島沖海戦で損傷した艦体を修理した後、昭和20年2月海軍兵学校練習艦として江田島湾に回航され、慰霊碑のある場所の沖合に投錨して艦体を木の枝で覆い偽装していた。しかし7月24日より米軍艦載機の波状攻撃を受け28日の夕刻に沈没。乗員128名が亡くなり、一方島内に落ちた爆弾のため住民の中からも犠牲者が出た。

慰霊碑裏には「軍艦利根資料館」があり、遺品等が展示してある。
行 き 方 江田島市営高速艇・フェリーの中町港より徒歩約10分。県道36号線より国民宿舎「能美海上ロッジ」へ入る道を100mほど行く。
地図リンク