TOP > 英霊顕彰・慰霊 > 第6号潜水艇殉難之碑

第6号潜水艇殉難之碑

呉市 東愛宕町(鯛乃宮神社境内)

  • 殉難碑に取り付けられた遺書

  • 街を見下ろす殉難碑

碑 文 銘第6号潜水艇殉難之碑
建 立 日昭和34年4月13日
英   霊 佐久間 勉大尉以下乗員14柱
解   説 第6潜水艇は明治39年、我が国で初めて建造された57トンの潜水艇であったが、明治43年4月15日、山口県岩国市新湊沖で訓練中、事故のため沈没した。
佐久間艇長以下14人の乗組員は各自、最期まで持ち場を守り、従容として死を迎えた。特に佐久間艇長は苦しい状況の中で遺書を残し、将来の潜水艦発展のために、沈没の原因および沈没後の処置をしるし、さらに部下の遺族への配慮を望むなど、死に直面してもいささかも冷静さを失わなかった。そしてその崇高な使命感は、国内はもとより海外の人々にも深い感銘を与えた。歌人の与謝野晶子は「海底の 水の明かりに したためし 永き別れの ますら男の文」と追悼の歌を読み、またアメリカ国会議事堂にも艇長の遺書が原文のまま陳列されたという。
大正元年、その遺徳を永久に記念するため、この鯛乃宮神社境内に碑が建立されたが、終戦と共に碑は荒廃し、引き上げられ保存されていた潜水艇も、進駐軍の命により解体された。
しかし、昭和34年、殉難50周年を期に、高さ19メートルの壮麗な碑が再建され、あわせて潜水艇のスクリュー他も碑の中に保存された。また碑の側面には佐久間艇長の遺書がレリーフとしてはめ込れた。
大きな碑は呉市内を見下ろすように建っており、毎年4月15日には盛大に慰霊式典が行なわれる。
行 き 方 JR呉線呉駅より約1㌔ 周辺に駐車スペースはないので、徒歩で行かれる事をお勧めする。
地図リンク