TOP > 英霊顕彰・慰霊 > 大亜細亜悲願之碑

本照寺 大亜細亜悲願之碑

広島市中区小町

碑 文 銘大亜細亜悲願之碑
設   立昭和27年11月揮毫 昭和43年5月再建
英   霊本照寺檀家出征兵士及び原爆被災者
解   説 東京裁判において真理に基づき堂々と日本を弁護した、インドのパール判事が昭和27年に広島を訪問した。そして平和公園の『安らかに眠って下さい。過ちは繰り返しませぬから』という碑文に「この《過ちは繰返さぬ》という過ちは誰の行為をさしているのか。もちろん、日本人が日本人に謝っていることは明らかだ。それがどんな過ちなのか、わたくしは疑う。」と語ったところ、小町にある本照寺の住職・筧義章氏が「檀徒の諸精霊のため『過ちは繰り返しませぬから』に代わる碑文を書いていただきたい。」と懇願された。これを聞かれた博士は、筧義章氏がインド独立運動志士ラス・ビハリ・ホース氏の信任を受けていた事もあり、快く引き受けられ、次のような詩を揮毫された。

        激動し 変転する歴史の流れの中に
        道一筋につらなる幾多の人達が
        万斛の想いを抱いて死んでいった
        しかし
        大地深く打ちこまれた
        悲願は消えない
        抑圧されたアジア解放のため
        その厳粛なる誓いに
        いのち捧げた魂の上に幸あれ
        ああ 真理よ!
        あなたはわが心の中にある
        その啓示に従って われは進む

       1952年11月5日  ラダビノード・パール

この格調高い詩がベンガル語・日本語、さらに英語で大きな黒御影石に刻んである。

以上『パール博士のことば』田中正明著より引用
行 き 方市内中心部・100m道路の1本南側の道路に面する本照寺境内にある。
地図リンク